20000ppmハイブリッドH2サーバー

今売れている、人気のポイントは、気体の水素をそのまま飲もう! 水素濃度20,000ppmの高濃度水素水だからです! もともと水素は、気体の水素ガスです。 従来の水素水は、気体の水素を水に溶け込ませた、溶存水素タイプですが、水素は気体ですから、少ししか水に溶けません。
そこで、ハイブリッドH2サーバーは! 気体の水素を水に溶け込ませることにはこだわらず、水素を気体のまま飲む、水素ガスバブリングタイプです。 細かい水素の気泡をバブリングして混ぜ合わせ、細かい水素の気泡で白濁した、なんと!水素濃度20,000ppmの水素水が出来ました。 活性炭フィルター内臓ですので4リットルタンクに水道水を入れて、スイッチを押すだけでスグに出来上がりです。